前回の占い師さんの話の続きです。

もしその占い師さんが、そのようなこと全てを記憶しているとするなら、超記憶力の持ち主ということになります。

「いくつかパターンがあって、何通りかを記憶しているのではないか?」と言う人には、ネット社会の恐ろしさを知っていただきたいと思います。

ネットで口コミが広がって、ネット上に占いの内容が書かれれば、もしパターン化した占いの受け答えをしているのであれば、パターン化していることがばれてしまうのです。

ロコミで広がっていく占い師にとって、パターンで語ることは、命取りになります。

「私も、同じことを言われた」ということは、すぐばれてしまうのです。

占い師さんの霊視のスピードは、映像で見えているものを語る実況中継のスピードなのです。

いつごろ、どういう人とどういう仕事をするか、かなり具体的に指摘されました。「予約した時点で相談者について、調べたのではないか」と言う人には、こう答えさせてください。

私は企画系の仕事をしているのですが、まだ発表していないものや、同僚さえも知らない企画が、たくさんあるんです。誰にも話さず、心に秘めている企画もあるのです。

それを言い当てられたんですよね。それをどうやって調べるのでしょか。

これからどういう仕事場で仕事をし、どういう家に住んでいるかも話してくれました。

占い師さんの話は、たいてい2年から5年先の話だということです。

「あなたを助ける人の名前もお話しできるんですが、知ってしまうと、意識しすぎて変な動きをして、遠ざけてしまうこともあるんです」

とても聞きたかったのですが、それは聞かないことにしました。

まわりにたくさん人がいる騒がしい中でも霊視できるらしいです。

「喫茶店でしていた時代もありますから」とのこと。

一瞬にして自分の世界に入ることができるんですって。

「滝のように映像が思い浮かぶ。漏れたり忘れてしまうと大変なので、早く言葉に出して伝えないといけない。ドクターがメスを入れるぐらいのやり直しのさがない気持ちでやっています」

それは多分、作家がストーリーを思いついて早く書きたいという気持ちと同じなんでしょうね。だからあんなに早く紙に書きだせるんだなぁと思いました。

とにかくスゴイ占い師さんでした。仙台の占い師さんはすごいなぁと実感できました。

 

みなさんこんにちは!仙台在住の切実子です。

最近色んな悪いことや嫌な事ばかり起こってばかりだったので占いにいってきました。

仙台某所の占い師さんに占ってもらうことにしました。名前などの情報公開はすべてNGと言われたので、単に占い師さんと呼ばせていただきます。

占いに行って最初に驚いたのは、私が何も説明しなくても、霊視を始めたことです。

「早速、見ていただけますか?」という私の心の声を聞き取ったかのように、「そうですね。早速、拝見します」と始まったんです。

さらに、その腰の低さに驚きました。営業の人でも、この人ほど腰の低い人はいないのではないかと思えるくらいでした。しかも、営業マンのようないやらしさがない。

占い師さんは、目を閉じました。目を閉じると、運命がレントゲンのように見えるらしいんです。

目の前に、ペンと紙が置かれていました。

次に驚いたのは、いきなり健康面を見抜いたことでした。

「背骨の中問からちょっと上あたりの関節の軟骨が減っています」ちょっと前に医者から指摘されたこととまったく同じだったんです。

お会いしてから占い師さんが、目を開けていたのは、30秒もなかったように感じます。

「やがて整形の先生に診てもらって適切な治療を受ける運命になっていますので、それでいいと思います」ですって!

外見的特徴で類推したのではないかと邪推する人がいるかもしれませんが、外見上ではこの症状は、ほとんどわからないんです。

次に、占い師さんは、これからの私の仕事について、語り始めました。

驚くべきことは、その描写の細かさなのです。

私は書き物をしているのですが、その私が見ても、その描写の細かさはプロの作家をはるかに上回るスピードなのです!

しかも、話すスピードと同じくらいの速さで書いているのです。

私は取材経験あるので、メモを取るスピードには、かなり自信があるのですが、全くかなわないと思いました。

A4のコピー用紙に、2段組みでびっしり書いた紙が、あっというまに、5枚なくなったんです。

作り話をしていたのでは、口述筆記をする作家でも、ここまで速くつくれません。

でたらめだったら速く話せるという人がいるならば、試しにでたらめを並べ立てることがいかに大変か、試してみるとすぐわかります。

その点からも、でたらめではないことが、すぐ証明されました。

しばらく間をおいて、書かれた紙を見ながら何度も内容について質問しました。

早口で言われたことと書いてあることに、すんぶんの違いもなかったんです!

「この占い師さんスゴイ!」

そして、ここからさらにこの占い師さんのスゴイところを見せつけられることになるのですが、その話はまた次回に(*^^*)

では、また次回!